食べる際に気をつけたい事

うなぎ

小骨に気をつけながら

浜松はうなぎの産地として全国的に知られており、浜松観光の際にはうなぎを食べる方も多く人気です。栄養満点で美味しいうなぎですが、小さなお子さんや高齢の方とうなぎを食べる際には気をつけたい点もあるのでご説明します。家族旅行でうなぎ屋さんに入店する場合、小さなお子さんにはうなぎの骨が喉に刺さる可能性があるので注意が必要です。小骨に気をつけなくてはいけないのは高齢の方も同様でひと口ずつに分けて食べると小骨が刺さりにくくなります。また、初めてうなぎを食べるお子さんの場合は、タレのかかっていない白焼きから食べるようにするとマイルドな味で食べやすくオススメです。白焼きは味付けをしてあるものもあるので、小さなお子さんでも食べることが可能か、お店の人に聞いてから注文した方が良いと言えます。3歳ごろからはタレの付いているうな重や蒲焼を食べても大丈夫ですが、なるべく小さめに分けてあげると小骨が刺さりにくくなり安心です。また、山椒をかけてうなぎを食べるのは、小さなお子さんには刺激が強いので控えた方が無難です。うなぎはひつまぶしにして食べるとさらに柔らかくなり味も調整できるので、高齢の方や小さなお子さん食べる場合はひつまぶしにして食べられるお店で食べる方法もあります。浜松にはひつまぶしを食べる事が出来る店舗も多数あるので、浜松で食事をする予定のある方は事前に調べておくと、小さなお子さんや高齢の方がいる家庭でも一緒にうなぎを楽しみやすくなります。