現金と同じ感覚で使用も

食べる人

スマホさえあれば簡単に

昔は飲食店を利用した際には現金で支払うのが当たり前でしたが、最近ではその支払い方法もとても便利になってきています。クレジットカードが使えるだけではなく、その他の支払い方法にも対応してきている飲食店が増えているのです。そんな飲食店で支払いに使えるものとしてビットコインがあります。ビットコインはテレビなどでも取り上げられることが多い仮想通貨であり、名前を聞いたことがあるという人は多いでしょう。以前は購入したもののその扱い方に困ることが多く、現金化するのにも手間がかかったりと投資目的以外では使い道が薄いという欠点がビットコインにはありました。しかし、最近では世界中でビットコインを使える店が増えており日本でも使える店が増えてきているのです。中には飲食店でも使える店が増えてきているので、財布を持ち歩かなくてもビットコインを持っていれば飲食店を利用することが出来るようになっているのです。その使い方もとても簡単であり、スマートフォンさえ持っていれば誰でも簡単に支払うことが出来るようになっています。電子マネーとその使い方は似ており、使える店でビットコインで支払いしたいと伝えればQRコードを発行してくれるので、そのコードをスマートフォンで読み取って送信するだけで支払いは完了します。これだけならビットコインは他の電子マネーとあまり差はありませんが、ビットコインは他の電子マネーよりも手数料が安いという特徴もあるので使える店が近くにある場合には利用してみると良いでしょう。