おいしい外食とは

鰻料理

ポイントは油物です

関西と関東を往復することが多い日本のサラリーマンが、夏バテ防止の目的も兼ねて、さらにおいしい外食ができてかつちょっと気分転換もできるアイデアがあります。新幹線で移動するなら、名古屋もしくは静岡でローカルな電車に乗り換えて、浜松で途中下車してうなぎを食することも一考です。熱い時期こそ、体力をつける意味でも油ものを欲するのが人情でしょう。しかし肉類は、健康面から考えると少し控え目にしたいところです。そこで、油がのっていておいしい食べ物が日本はあります。それがうなぎです。浜松は、うなぎの養殖では日本一と言っても過言ではありません。またうなぎは、日本人の体と相性がよく、健康を保つための優れた効果をたくさん持っているのです。うな重、うな丼、肝吸いと定番の食事で、暑い時期のサラリーマンの辛さを吹っ飛ばしてくれる、最高の外食になります。胃にやさしいけれど、肉と同じくらい満腹感を味わえる優れものなのが、浜松のうなぎと言えます。うなぎの楽しみ方は、その味だけではありません。注文して出てきたときのうな重、うな丼、肝吸いの蓋を開けたときに広がる香りは、なんとも言い難い幸福感を与えてくれます。関東と関西を行き来する人にとって、これほどの贅沢はないと言えます。毎日のストレスからの解放も兼ねて、健康増進してくれる浜松でのうなぎの外食は、たくさんのうなぎの専門店が並ぶ浜松だからこそ楽しめる一面もあります。自分に合ったお店を探して、数千円の贅沢で満腹と健康増進を得る価値は十分あると言えます。